一昔前、青汁と言えば「罰ゲームで飲むまずい飲み物」でした。
ところが最近は味が随分改善され、美味しく飲みやすいものもたくさんあります。
健康維持のために毎日飲んでるという方も多いのではないでしょうか。
最近ではたくさんの種類が出ていますが、青汁にはどんな効果、効能があるのでしょうか。
また青汁の特徴など様々な視点から青汁を見ていきましょう。

青汁の効果、効能

青汁はケールなどの緑黄野菜を絞ったものです。
なので青汁は野菜不足の解消に効果を発揮します。
つまるところ青汁の効果、効能というのは野菜の効果、効能と言えるわけです。
なので「青汁は健康に良い」とは言っても薬ではないので、すぐに効果、効能が出るというものではありません。
継続的に飲むことによって効果を表してくるものなのです。
また、栄養価が高いのでダイエットにも効果が期待できます。

青汁の原材料は?

青汁の原材料として最も代表的なものはケールです。
ケールは野菜の王様とも呼ばれ、他の野菜に比べカルシウム、ビタミンCなどが多く含まれています。
実は青汁の青臭さ、不味さと言うのはこのケールを使った青汁の特徴なのです。
とは言え、最近では改良が加えられ、罰ゲームで使っていたほどの不味さはありません。
ケール以外では、明日菜、大麦若葉などが有名です。
明日菜はクセが強い味ですが、ポリフェノールの一種であるカルコンが含まれており、デトックス効果があります。
大麦若葉は青臭さが全くなく、青汁の中では格段に飲みやすいものとなっています。
とは言え、最近では原料に関わらず、抹茶風味にするなど工夫がされているので、どの原料のものでもある程度は飲みやすくなっています。

飲み方いろいろ

青汁は粉末状で売られているものがほとんどです。
一番スタンダードな飲み方は粉末をそのまま水で溶かしてのむ方法です。
しかし何も水に拘る必要はありません。
牛乳に溶かして抹茶オーレ風にするもよし、ヨーグルトにかけるもよしです。
また、料理やお菓子に混ぜるなど直接飲むだけではない利用方法もあります。
粉末がほとんどと言いましたが、もちろん粉末以外も存在します。
粒状のサプリメントや、青汁がそのまま冷凍された生青汁などです。
サプリメントの方は味を気にすることなく飲めるので手軽ですね。
一方生青汁は「青汁」という感じなので、苦手な人にはきついかもしれません。

自分にあったものを選びましょう

このように青汁には原材料や形状、飲み方など様々にあります。
自分にあった青汁を選びましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です